インテリア雑貨と家具の通販・シンプルサイズ TOP
 

DEEP HOUSE(中古レコード)

US~UKのディープ系ハウスレコードのカテゴリ。どれもアンダーグラウンドで心地よいグルーヴ感を聴かせてくれるダンストラックです。
Image Helsinki Mix Sessions 80年代より活動をはじめ、今もなおストイックなサウンドを生み出し続けているフィンランドのDJ / クリエーター「Jori Hulkkonen」によりセレクトされたコンピレーションアルバムです。どこか乾いた雰囲気漂うミニマリズムを感じさせるセレクトで、ヒットアンセム「Summer Daze」や「Funky People」、そして自身の曲も含む全9曲を収録した、濃密な内容のアルバムに仕上がっています。このアルバムはいわば北欧のディープハウスコンピレーションとも言える作品。彼自身、現在もクールな曲をリリースを続けており、長くアンダーグラウンドシーンに影響を与えているアーティストの一人である。 ¥2,200 Image Dance The Happy Life 曲全体をピアノの旋律が駆け巡る、そんなイメージがぴったりのジャズセッションのようなピアノのライブ感が心地よい、大人なディープハウスです。トラックにはパーカッションが多用され、軽快な印象が強く、音質も全体的に丸いので、全体を通して柔らかい感じは、クラブというよりもサロン的なイメージです。ただ曲に強さと激しさがあるので、イージーリスニングというよりも、踊るほうが向いてそうな感じです。片面プレスのみのリミテッドエディションです。 ¥850 Image Dis Poem 99 ハウスとレゲエのダブが融合した、深い世界観のディープハウスです。詩を詠んでいるのはレゲエアーティストのMutabaruka。背後にはパーカッションにフルートなどが織り込まれ、全体を太いベースラインが包み込みながら、けだるく深い展開が続いてゆきます。1枚目には、ディープハウスな雰囲気で流れてゆく2トラックが、そして2枚目にはアフリカンな展開のトラバルディープハウス2トラックを収録しています。あまりキャッチーな曲調ではありませんが、聴けば聴くほど心地よくなってくる、ダブと呼ばれるジャンルの世界感とディープハウスの心地よさを一度に楽しめる作品です。 ¥1,350 Image Sounds Like Glasgow ディスコテイストのダンスクラシックから、ジャズもの、オールドスクール、ダビーなレゲエまで、様々なジャンルのダンストラックをサンプリングした、ファンキーでソウルフルなハウスコンピレーションアルバムです。ザラつきのあるアナログな音質が独特のグルーヴ感を作り上げます。全体的に落ち着いた感じのダンストラック集で、多岐にわたるジャンルのエッセンスを取り込んでいるので聴きごたえも◎。全8曲の濃密なダンストラックをお楽しみください♪ ¥1,700 Image Beau Mot Plage エレクトリックでエキゾチックな旋律が心に響く、ディープハウスの不朽の名作「Beau Mot Plage」リミックス盤。Aサイドはエレクトリックでダビーな世界観を持たせた、メロディーラインが引き立つミックス、そしてBサイドは繊細ながらも疾走感のあるダンスライクなDJQリミックスを収録。張りつめた空気感と、その中を透き通るように漂うラテンなメロディーラインに酔いしれる作品です。 ¥1,100 Image Blown Out 心地よいグルーヴ感に、控えめなファンキーさとテックなノリ。所々にサックスやピアノの生音のサンプリングが差し込まれ、JAZZっぽい雰囲気もプラスされたおしゃれなテックハウスです。単調なノリであまり分りやすい展開は無いですが、聴くほどに「お、なんかかっこ良い」と思えてくる感じです。クセが無く聴きやすいので、サラッと流しておくだけでもお酒がすすむ... そんな一枚です。 ¥450 Image Como Um Sol 優しい女性ボーカル、リズミカルなラテンパーカッション、そしてスパニッシュギターの音色。Deep系ラテンハウスの王道的展開の一枚です。聞いていると、思わずリズムに合わせて身体が揺れる、そんな軽快なラテンハウスです。激しい展開はないですが、一曲を通してスムーズに流れてゆくトラックがとても心地良いです。ドライブ、カフェ、バーなどなど、色んなシチュエーションによく似合うソフトタッチなハウスです。 ¥520 Image Cant Live Without You 良質なディープハウスを安定して作るベテランクリエーター「Todd Edwards」の2003年の作品。ジャズっぽい、というかN.Y.っぽい絶妙の溜めが効いたリズムと、さり気なくそれでいて存在感を感じるリフレインとコーラス。ニューヨークの夜景がよく似合う、雰囲気たっぷりの上質ハウスです。生音をメインとした構成の中に、ラップトップサウンド的なエフェクトも差し込まれており、聞くたびに新しい発見がある、そんな大人なダンストラック。B面のブレイクビーツ的な変調もいい感じです。 ¥1,580 Image Mind Fluid ハウス界の大御所プロデューサーMasters At Workの別名義「Nuyorican Soul」による96年の極上ディープハウスです。ダンスライクな上音に、ラテン的パーカッション。そして、それらの音が入り乱れ、流れるように展開してゆく心地よいダンスミュージックです。ハウスというには上品過ぎて、ジャズというよりは少しカジュアル。この世界観には、ニューヨーク育ちのプエルトリコ人という、彼らのアイデンティティが詰まっています。 ¥720 Image HOUSE CLASSICS N.Y.の老舗ハウスレーベル「NERVOUS」より1996年に発売された、N.Y.ハウスを代表する作品達が集められたコンピレーションアルバムです。Masters at Workの別名義ユニットNu Yorican Soulをはじめ、Kim English、Byron Stingily、Joe T. Vanelliなど、当時のハウスを牽引してきたアーティスト達が集結した、内容の濃いアルバムです。インストものや、歌もの、ジャズ系~ループトラックに至る様々な種類のハウスが週力されていますが、1枚を通して、「これぞ、N.Y. ハウス」といった世界観でまとめられています。90年代全盛期のハウスを語る上で外せない作品です。 ¥2,250 Image Cascades of Color - Remix 異国の夏の夜を思わせるような、どこか切なく澄み切った空気の中を流れてゆくような、そんな素敵なハウストラックです。優しくリズムを刻むパーカッション、エキゾチックなギター、そしてその心地よいリズムを包み込むような女性コーラス。数あるDEEP HOUSEの中でも、最もお勧めしたい曲の1つです。このレコードは98年にリリースされた原曲よりも、情緒感をさらに前に出したような展開に仕上がっています。目を閉じてずーっと聴いていたいような、そんな作品です。 ¥2,000 Image Sincere 1990年代後半のヨーロッパのクラブシーンを沸かせた「2ステップ」(UKガラージ、スピードガラージetc)と呼ばれるHOUSEジャンルから、色気たっぷりのセミヴォーカルトラックです。この曲のアーティスト「MJ COLE」はまさしくその2ステップシーンの中心人物の一人であり、ディープでありながら、クラブシーンの独特の艶の部分を捉えたトラックメイキングが得意なアーティストです。ところで、この2ステップのイベントでは、スタイリッシュさを追求するためドレスコード等があったそうです。なかなか面白いですね。ディープハウスやクラブジャズなどが好きな方にお勧めです。 ¥500 Image いぶき remix1 太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能の可能性を今に再現するアーティスト集団「KODO - 鼓童」のHOUSEリミックス。東洋のイメージと、西洋のモダンさが融合するこの楽曲。A面はKevin Yostによるディープなアレンジを、そしてB面にはSatori Mixと称された、ダンスライクなミックスを収録している。このB面の曲にはかけ声が入っており、日本の何処かの祭りをイメージするような、そんな懐かしささえ覚える素敵な作品です。 ¥1,000 Image Cuando エキゾチックなラテンサウンドを基調とするN.Y.拠点の5人組バンド「Si*Se」による2001年の作品。コテコテのラテンというよりは、都会的なサバサバとしたエッセンスを組み入れ、とても聞きやすい楽曲に仕上がっています。特徴的で艶やかな女性ヴォーカルが良い感じの1枚です。 ¥500 Image PLIS INFINIS No.4 フレデリック・ガリアーノの名曲「PLIS INFINIS No.4」のリミックス作品4バージョン。絶妙なバランスのループが心地よいグルーヴ感を生み出しています。この4トラックは同曲とは思えないほど、個性に満ちたミックスに仕上がっています。 ¥1,200 Image SOUL INNOVATIONS 程よい旋律のループにJAZZテイストを絡めた、カッコ良い渋めのディープハウス。聞いていると自然と体がリズムを刻みたくなって来る感じの良質なトラックが2曲収録されています。 ¥480 Image Silvery Sounds - Original 美しく流れるエレクトリック・ピアノの旋律が心地よい、フランス発のディープテックハウス「Silvery Sounds」のオリジナルミックス盤。一度聴いたら耳から離れないキャッチーなメロディーラインと、オーソドックスで乗りの良い4つ打ちのハウスビートが◎。激しすぎず、単調すぎず、絶妙な展開がリスナーを飽きさせない上質なテックハウスです。 Sold Out Image Summer Daze 切ない夏の終わりを感じさせるような、昔の懐かしい記憶が蘇ってくるような... そんな感慨深い気持ちにさせる、極上のラテン系ディープハウストラックです。ウワモノの原曲はPat Metheny Group のSlip Away(1989)。とてもやさしいメロディーラインながら、キックは重たく、ラテンパーカッションも絶妙に絡み、ダンスライクな展開のハウストラックにリミキシングされています。ラテンな軽快さに乗せて、情緒を感じさせるメロディーラインが聴く人の心にグサッと突き刺さる極上のディープハウストラックです。 Sold Out Image The Jerusalem EPs シカゴのテックハウスDJ / クリエーター Glenn Underground が97年にリリースした、良質なディープハウスアルバムです。深く落ち着いたトラックに、存在感のあるメロディーラインが特徴の全8曲。ディープテックハウスにジャズのエッセンスを織り込んだ、彼の音楽的バックグラウンドの大きさを感じる作品。サックスなどの生音も入っており、シーケンスサウンドだけでない、人間らしいアナログなグルーヴ感は、聴いていてとても心地よいです。 Sold Out Image EXPANSIONS the remixes 90年代のディープハウス全盛期にプレスされた、心地よい様々なアコースティックメロディーが交じり合う上質なディープハウストラック「EXPANSIONS」リミックス盤。囁くようなRoy Ayersのヴォーカルに、音間を小刻みに震わせるパーカッション、そして遠くから流れてくるようなストリングス。様々な音源が絶妙なバランスで融合する、ストーリー性のあるディープハウストラックです。Aサイドにはエレクトリック・ピアノの音色が心地よいJoe Claussell によるリミックス、Bサイドにはシンセのループが耳に残るAshley Beedle率いるユニットBallistic Brothers によるリミックスを収録。アブストラクトな雰囲気にうっとりさせられる一枚です。 Sold Out Image Do It Now 心地よいパーカッションの効いたハウストラックに、囁くような男性ヴォーカル、そして美しいメロディーラインが魅力の上質なディープテックハウスです。Aサイドにはオリジナルミックスを収録、エレクトリックピアノの心地よいリフレインに、優しさの中に力強さうを感じるヴォーカルループが印象的です。Bサイドには、ディープテックハウスミックスと、スパニッシュギターのリミックスを収録。どのバージョンも極上の美しいディープハウスを聴かせてくれます。激しいドラムループなどはなく、落ち着いた雰囲気を醸し出した大人なトラックで、聴くほどにこの曲の世界観に魅入られていきます。 Sold Out Image Afrokin 不思議なメロディーループが印象的なディープテックハウスです。ダビーなベースラインに、とがった固めのトラック、そしてそのダブトラックを彷徨うように鳴り響くメロディーライン。どこか異空間に連れて行かれそうな、独特な世界観が特徴のディープテックハウスです。レーベルは、UKの「TOKO Records」で、主に90年代~2000年代に良質なテックハウスやディープハウスをリリースしてきたレーベルです。 Sold Out Image SENSE OF DANGER けだるくどこか色っぽい雰囲気で展開してゆくUK産のディープハウス「SENCE OF DANGER」。怪しげな音使いのディープハウストラックに、Shara Nelsonがささやくように歌う美しい女声ヴォーカルが印象的。まとわりつくような重たく気怠いトラックに、時折スカッと抜けるようなブレイクが絶妙にカットインされ、全体を通してしっかりとストーリーが紡がれています。派手さこそないものの、どこか耳に残る名脇役的なディープハウストラックです。 Sold Out Image Back In Manhattan EP 深く響くベースラインに美しいピアノが絡み合う、心地良い旋律のディープハウストラックEP。アーティストはフランスのDJ / リミキサーのShazz。主に1990年代~2010年ごろまで活躍したディープハウストラックメーカーです。リリース元はフランスのアンダーグラウンドレーベル「F Communication」で、ヨーロッパならではの鋭い音質と耳障りの良いメロディーライン、そしてほどよいディープ感が聴く人の心を捉える良作です。 Sold Out Image If she only knew 心地よいベースラインに、語りかけるようなギターの音色、そして優しくリズムを刻むハウストラック。上品で透き通るような旋律が重なりあった、うっとりと聴き惚れてしまいそうなディープハウストラックです。アーティストはKevin Yost。90年代後期から活躍するディープハウスメイカーで、現在もDJなどでワールドツアーを行うなど精力的な活動を続けているアーティストです。彼はもともと映画音楽を志していたということもあり、彼の作る曲には、何かのストーリーが始まりそうな、そんな雰囲気溢れるディープハウスを聴かせてくれます。 Sold Out Image Space and time 心地よい流れるようなピアノの旋律に、空間を漂うようなストリングス、そして小刻みにリズムを刻むパーカッション。テクノっぽいシーケンスサウンドと、有機的な丸みのあるメロディーラインが融合した、美しいディープテックハウスです。規則正しく刻まれてゆくシーケンストラックの上に、即興的なジャズっぽいメロディーラインが組み込まれ、とても心地よいゆったりとした世界観を作り上げています。Bサイドにはリミックス、そしてアフロな雰囲気たっぷりのパーカッショントラックを収録しています。 Sold Out Image Muzique Tropique Collection 規則的なシーケンストラックに、様々な音色が重なっては消えてゆく、ディープな世界観が魅力の、ディープテックハウスのコンピレーションアルバムです。レーベルはUK発の「Glasgow Underground」。1990年代後半より、良質なディープハウストラックをリリースし続けているレベールで、このアルバムはそのレーベルで初めて作られたコンピレーションアルバムです。主張しすぎないスマートなサウンドメイキングの全8曲。ディープハウスならではの、緩やかで心地よいグルーヴ感がアルバム全体を包み込んでいます。静かにずっと聞いていたい、良質なトラックを集めたコンピレーションアルバムです。 Sold Out Image AQUA ファンクを思わせるソウルフルなベースラインに、空気を漂うようなシンセリード、現れては消えてゆく鋭いメロディーライン。静かな水面に、どんどんと滴が落ちてゆき、その波紋がどんどんと広がってゆくような .... 「aqua」のタイトルにぴったりの、透明感と疾走感のあるディープテックハウスです。アーティストは「CIRCULATION」。聴いていると、プログレッシブハウスとディープハウスの中間的なCIRCULATIONの世界観に虜になる一枚です。流行り廃りの流れから一歩引いた、時代が変わっても古さを感じさせない素敵なダンストラックです。 Sold Out Image Abstract Jazz Lounge II NYを拠点に良質なディープハウスを提供する老舗レーベルKING STREET。そのレーベル傘下にあるNite Groovesから98年にリリースされたハウスコンピレーションアルバムです。この「Abstract Jazz Lounge」シリーズは全部で3作あるのですが、これはその第2段。ちょうどディープハウス全盛期の頃のアルバムで、当時を代表するアーティスト、Ananda ProjectやLenny Fontana、Frankie Feliciano、Jaskなどの良曲が全8曲収録されています。エレピやギター、サックスなどの生音に、アブストラクトな電子音が上手く融合した曲調で、メロディアスで聴きやすい内容の1枚に仕上がっています。ディープハウスの入門編にもオススメです。 Sold Out Image Nightstarter 硬派でセンスの良いディープハウスを集めた、moodmusicレーベル主催のコンピレーションアルバム「Nightstarter」です。おしゃれなサロンなどの空間がよく似合いそうな全8曲を収録。テックハウス的なシーケンストラックに、丸みのある生音やヴォーカルをあわせた、とても聴きやすいアルバムに仕上がっており、イージーリスニングに最適です。コンピレーションアルバムでありながら、アルバム全体を通して統一感のある雰囲気が漂っており「moodmusic」のレーベル色がしっかりと出ている良作です。ハウスをおしゃれに楽しむなら、こんなアルバムがおすすめです。 Sold Out Image Jazz In The House vol.5 心地よい生音の音色と、ノリの良いハウストラックで構成された、ジャズテイスト満開のディープハウスコンピレーションアルバムです。ハウスの名曲「Reach Inside」や「Escravos De Jo」も収録された聴きごたえのある全11曲。全体的にパーカッションが多用された曲が多く、ジャズ的なエッセンスに、ボッサやラテンフレーバーが融合した心地よいグルーヴを感じさせてくれます。世間の流行り廃りとは関係無い、独特の世界観が魅力の一枚です。 Sold Out Image Men From The Nile pt.2 アフリカンなグルーヴ感に、ディープハウスのダンサブルな奥行き、そしてコンテンポラリージャズなエッセンスを加えた、大人なディープハウストラックです。クリエーターはシカゴハウスの大御所DJ / ProducerのRoy Davis Jr.。落ち着いた雰囲気の中に、アフリカンな力強さをプラスしたようなダンストラックで、小刻みなパーカッションに力強いキック、ハウスらしいクラップ、そして流れるようなメロディーラインがとても心地よいです。Bサイドにはスローなヒップホップ調のブレイクビーツを収録。完成度の高い1枚です。 Sold Out Image Lovedance 浮遊するような軽快なビートに、シャープなハイハット、そしてムーディーなベースライン、時折カットインで入ってくるザラついたオルガンのような音。いろんな音色が重なり合っては消えてゆく、音で遊んでいる感じが楽しい、フィルター系ディープハウスです。アーティストは「Cab Drivers」とタクシー運転手というネーミング。3曲収録されていますが、たしかにどれもドライブに似合いそうな、疾走感とループ感が特徴的です。トリッキーでおしゃれなテックハウス全3曲収録のミニアルバムです。 Sold Out Image Society Rules 低音の効いたベースラインに、カッティングギターとオルガンの音色が絡み合う、大人な雰囲気のディープハウス。アーティストはシカゴ出身の大御所DJ/クリエーター「Glenn Underground」。ファンキーでながらも美しいメロディーラインは、ハウスになじみの薄いリスナーにも聴きやすい作品です。Bサイドにはラテンな陽気さを感じさせる曲も収録。どちらもしっかりとしたベースラインに引っ張られて、セッション的に様々な音色の楽器が絡み合う、力強く美しい曲に仕上がっています。 Sold Out Image The Men On Wax EP vol 01 ファンキーでストイックなディープハウスが4曲収められた、聴きごたえのあるN.Y.ハウスのコンピレーションミニアルバムです。レーベルは「Distant Music」。おもに90年代後期~2010年に良質で硬派なディープハウスをリリースしてきたレーベルで、ソウルフルなグルーヴ感と、ジャズっぽいライブセッション感、そしてテクノ的なループサウンドが融合した、クールな音源が特徴。そのレーベルのおいしいところをピックアップしたような、渋くてファンキーなディープハウス4曲が楽しめる1枚になっています。 Sold Out Image Covonia - Hood Rat フルートやトランペット、サックスの管楽器の音色にうっとりさせられる、生音JAZZ系のディープハウスです。太いベースラインに、ライブ感のあるセッション的メロディーライン、そして軽快な4つ打ちのハウストラックが魅力的。Aサイドにはフルートとトランペットのメロディーラインの楽曲を、Bサイドには渋いサクソフォンの音色にしびれる楽曲を収録。大人な雰囲気のディープハウストラックです。 Sold Out Image Pearl 真っ黒の何もプリントされていないジャケット、そしてその中に入っているレコードには「Pearl 1」「Pearl 2」「only promotional use」の文字しか書かれていない、謎めいたホワイト盤のアングラな1枚。実はこれ、イギリスが誇る著名ユニット「Sade」の名曲「Pearls」のハウスリミックス盤なんですね。誰が作ったのか全然分からない仕様なのは、このSadeのハウスリミックスでは定番化していて、Sadeが絡むほとんどのリミックスはノークレジットでDJの間でこうしてストックされています。内容はとても穏やかで深いディープハウスに仕上がっており、トラックの奥の方にはパーカッションが入っていたりして◎。緩やかに体が揺れるようなトラックに、Sadeの優しいヴォーカルが響き渡り、心洗われるような清々しい気持ちになります。それにしても誰が作ったのでしょうか...謎です。 Sold Out Image WALTERS ROOM Ashley Beedle率いるディープハウスユニット「Black Science Orchestra」96年プレスのデビューアルバムです。都会的でジャジーな世界観に、ブラックミュージックのグルーヴが融合された、当時のUKハウス界に衝撃を与えた、パイオニア的存在の作品です。生音と電子音の交錯の中に、洗練されたヨーロッパ的な感性を感じるこの一枚。発売から既に20年近くがたっていますが、今でも十分聞き応えのある、深みのあるアルバムです。 Sold Out Image IVORY 心地よいエレピのコードリードに、小刻みなパーカッション、太くて優しいベースライン。程よいファンキーなグルーヴ感に、様々なインストルメンタルが絡み合った、ジャジーなノリのディープハウスです。レーベルは、1990年後期~2000年代初期を中心に良質なディープハウスをリリースしていたアンダーグラウンドレーベル「Chillifunk」。都会的で洗練された雰囲気の癖の無いハウストラックなので、クラブミュージックになじみの無いリスナーにもアプローチしやすい作品です。 Sold Out Image The Deep Thoughts E.P. ファンキーなリズムに図太いベースライン、流れるように響き渡る、ジャズエッセンス溢れるインストルメンタルの数々。そしてどことなく感じるアメリカならではのゴスペルライクなグルーヴ。ディープハウスの鬼才、Kerri Chandlerが手がけた99年プレスのミニアルバムです。今聴いても全然古っぽさを感じさせないアッパーで繊細なトラックに、彼の持つオリジナリティー溢れる世界観が凝縮されています。ディープハウスだけでなく、ジャズやソウルなど、様々なブラックミュージックのエッセンスが詰まった良質のディープハウストラックです。 Sold Out Image San Francisco Sessions V4 シカゴ出身のDJ/クリエーター、KASKADEことRyan Raddonのセレクションによるコンピレーションアルバムシリーズvol.4。カフェやアパレル、サロンなどによく似合いそうな、ムーディーでおしゃれ、ロマンチックな曲調の全7曲が収録されています。彼自身を代表する曲の1つである「Its You Its Me」も最初に収録されており、キャッチーでメロディアスな展開で聴かせてくれる、心地よい作品です。 Sold Out Image Luv Dancin NYハウスの老舗レーベル「STRICTLY RHYTHM」より90年にプレスされたハウスクラシックの名盤「Luv Dancin’」です。この曲はリミックスやブート盤などが出回っているほど、ハウスファンの間では人気の曲で、プロデューサーであるRoger Sanchezを世に広めた作品です。この曲は、都会的ながらもどこか路地裏のアンダーグラウンド臭が漂う、ハウスならではの怪しさと魅力を持っており、聴けば聴くほど、段々とその世界にハマってゆく、そんな危険な魅力を持つトラックです。どこかスカスカでチープな展開、そして少しこもったようなNY発のレコードのもつ音質。目を閉じれば、マンハッタンのクラブに足を踏み入れたような気分にさせてくれる、魅力ある1枚です。 Sold Out Image HOUSE MIXES 2 UKが誇るアーティスト「SADE」の名曲達をハウスミックスしたリミックスアルバム。非公式なプレスとなっているので、曲名とリミックス名以外何も情報が書かれていない謎めいたアルバムです。リミキサーにはEverything But The Girlのギタリスト&DJのBEN WATTや、NYハウスの大御所プロデューサーMAW(Masters At Work)などが名を連ねています。内容もSADEに相応しい上質なリミックスばかりで、聴く人を虜にする魅力が詰まっています。ディープハウスにジャズやダブなどのエッセンスを取り込んだ、大人なハウスリミックス集。おすすめです。 Sold Out Image DREAMS 程よく落ち着いた大人な雰囲気のディープ系ガラージュハウスです。心地よいベースラインに、色っぽい女性ヴォーカル、そしてエッジの効いた心地よいダンストラックが◎です。全体に「クックックッ」というような細かいタメのあるトラックが、軽快なグルーヴ感を演出します。全体的に丸みのある音が多く、耳障りがとても良いのも特徴です。リミキサーには、ダンストラック界で大御所のIan Pooley、New Horizons、Kings Of Tomorrowを起用。クオリティーの高いディープハウスです。 Sold Out Image Mix The Vibe - Joe Claussell ディープハウス全盛期の90年代末にプレスされた、Joe Claussellがセレクトしたコンピレーションアルバム「Mix The Vibe」。CD盤では実際にJoe Claussellによるミックスで繋がれたミックスCDになっていますが、レコード盤は、そのミックスの中から数曲をピックアップ、フルバージョンで収録しています。N.Y.らしい歌もの系ハウスから、自然を感じるディープなハウスまで全9曲を収録。当時のディープハウス界を賑わせた名曲達を絶妙のセレクトでお楽しみください♪ Sold Out Image Supernatural エフェクトの掛かった囁くようなヴォーカルに、ディーププログレッシブ的なトラックがうまく絡み合った、流れるようなディープハウストラック。Bサイドにはエッジの効いたシンセリードがグイグイ引っ張っていく力強いハードハウスリミックスを収録。同じ曲だとは思えないほど両極端な2リミックスを収録した、クラブライクなハウストラックです。 Sold Out Image Stay All Night 様々な音が現れては消えてゆく、心地よいダビーな空間系ディープテックハウスです。主リズムは、基本的なハイハットの効いたハウストラック。そこに女性ヴォーカルとシンセの音が交差するように入ってきて、ディープな世界感を作り出します。色々と音数はあるものの、新しい音が出てきたら、それまでの音が消えていくので、あっさりとした感じで聴いていられます。全体を通して、落ち着いた展開で聴かせてくれる上質なディープテックハウスです。 Sold Out Image Village Dance アフロミュージックのカリスマ「African Head Charge」の有名曲「STEBENI’S THEME」をサンプリングした、アフログルーヴ全開のディープハウスです。ダビーでトライバルな世界観を全面に押し出し、ゆったりと小刻みに刻まれるトラックは、どこかジャングルの中に迷い込んだかのような、不思議な気分にさせてくれます。ストリングス的な美しい音色も入り、とても神秘的な世界観が魅力的なディープハウスです。 Sold Out Image Balmes - A Better Life Vol.2 哀愁漂うメロディーラインに女性ヴォーカル、そしてフィルター系エフェクトが絡み合う、落ち着いた雰囲気の大人なディープ系ハウスです。メイキングはドイツのハウスDJ/Producer「Ian Pooley」。テクノ大国のドイツにて直球のハウス路線で責め続けるアーティスト。どこかディスコっぽい軽快なグルーヴ感は、彼が得意とする世界観です。あまり派手さのない曲ですが、聴けば聴くほど気になってくる、そんな懐の深い作品です。 Sold Out Image Life Is Like ファンキーでおしゃれなトラックの美しいディープハウスリミックス。原曲(B面1曲目)はスウィング系の流れるようなジャズトラックで、ピアノをメインに展開していく曲調ですが、Native New Yorkersは原曲のおしゃれな雰囲気を残しつつも、ファンキーなグルーヴ感をプラスし、ダンスライクなイメージに仕上げています。囁くようなフランス語のヴォーカルに、生音、そしてシンセリードが絡み合った、心地よい展開の上質なディープハウスです。 Sold Out Image On The Beach 大人でおしゃれで、とっても聴きやすいディープハウスです。「On The Beach」というネーミングにふさわしく、目を閉じて聴いていると、まるで、透き通るようなプライベートビーチが目の前に広がっているような、そんな非日常的な空間に連れて行ってくれる素敵な曲です。音の1つ1つに透明感があり、すーっと現れては消えてゆくような心地よいメロディーラインが、物語を作り出します。はやり廃りのない、色んな世代を越えて聴いていられる、上質なディープハウスです。 Sold Out Image Sueno Latino 爽やかで軽快なリズムで展開してゆく、心地よいディープハウスの名盤「Sueno Latino」。耳に残るフレーズのループに、囁くようなラテン女性のヴォーカル。全体をまとめるグルーヴは、ラテン的アンビエントな感じ。その漂うような空気感を、バックのハウストラックが1つの方向へゆっくりと流している、そんな個性的な楽曲です。温かい曲調なのですが、使われている音源はトランシーでデジタル。色んな固定観念を取り払って、ただただずっと聴いていたい、そんな素敵な作品です。 Sold Out Image LOVE THEME FROM SPARTACUS 美しく儚い旋律で響く男性ヴォーカルものの良質なディープハウス(98年)。もともとの原曲は1960年の米映画「Spartacus」に収録された「Spartacus Love Theme」。このスパルタクスというのは、古代ローマに実在した人物で、奴隷である自らが反旗を翻し、奴隷制度を崩壊させる為に、当時無敵を誇ったローマ軍と真っ向から戦いを繰り広げた勇者の名前。その彼が掲げたのが「愛情と自由」。リメイク作品であるこの曲も、歌詞のサビに「something simple is the key,only love will set us free」と何度も何度も歌い上げています。古代の時代から変わらない人間の「守るべきもの」をテーマに作られた、奥の深い、味わい深いダンストラックです。 Sold Out Image Tout est bleu 穏やかな海の上を漂っているような、心地よいディープハウス「Tout Est Bleu」フランソワK.リミックスバージョン(97年プレス)です。いつまでも聴いていたい、ゆったりと流れるようなサウンドに心癒されます。アーティストは「Ame Strong」で、主に90年代に活躍した女性Voユニット。ジャンル的にはダンスミュージックを取り入れたポップサウンド、という感じですが、このフランス語の何とも言えない響きが、とてもおしゃれに感じます。このアンニュイな雰囲気を、ハウス界の大御所プロデューサーFrancois K.が絶妙なハウスに仕上げています。私(店長)が個人的にも大好きなディープハウスです♪ Sold Out Image Blue シカゴハウスの重鎮Glenn Undergroundが2001年にリリースした、メロディアスでディープなミニアルバム「Blue」。A1には、木琴のようなフワッとしたメインリードにシンセが絡み合う、どこか哀愁漂うトラック「Trek A1 70$」。B1にはエレクトリックなサウンドにジャズエッセンスをミックスしたような、大人な雰囲気の「Jaz Mode」。そして最後のB2は70sディスコっぽいノリのフィルター系ハウスと、表情の違う内容の濃い3曲が詰まった上質なディープハウストラック集です。派手さが無い分、落ち着いて聴いていられる素敵なインスト作品です。 Sold Out Image Forest Funk - I Get Off On People ディレイ系エフェクトの効いた弦楽器のメロディーラインに、トライバルなコーラス、そして跳ねるようなトラックにパーカッション。駆け抜けるような疾走感に、ファンキーなグルーヴをあわせたトライバルディープハウスです。アフリカンな変則的なビートは一癖ありますが、一度ハマるとその独特のリズムに思わず踊り出してしまいそうになる魅力があります。 Sold Out Image D-Minor サンバ的な激しいパーカッショントラックに、渋いサックスのフレーズ、そしてベースとギターをからめた、大人な雰囲気の良質なディープハウスです。ほとんど1つのフレーズだけで持っていくトラックは、コンテンポラリなフューチャージャズを感じさせてくれます。サックス系の生音が入るとどうしてもおとなしく沈んでしまいがちになるのですが、この曲はそこのところを、サンバなパーカッション、そして固めで鋭い音質でカバー。全体的に疾走感のあるアッパーなテンションを引っ張る感じの曲に仕上がっています。 Sold Out Image The Prayer ハイチ出身でN.Y.在住のハウスアーティスト「ジェフテ・ギオム」の代表曲の1つ「The Prayer」です。乾いたアフリカの大地の上に、大粒の雨が降り注ぐような、そんな壮大な情景が、目を閉じて聴くと浮かんできそうな作品です。ジャンル的にはディープハウスですが、感じとしては、ハウスとアフロ、そしてジャズを足して3で割ったような、アフリカンなイメージのあるトラックです。アフリカンがN.Y.の都会に出会うと、こんな曲が生まれるのかもしれません。Joe Claussellが設立したレーベル「Spiritual Life Music」リリースです。 Sold Out Image Morjac Theme ギターとストリングスのメロディがグッと心にしみる、ハッピー感溢れるインストものの極上ハウスです。一度聴くと忘れられないメロディーライン。心地よく流れる構成でありながら、シンプルで硬めのキックで踊りやすいトラックが特徴的。ダンスフロアのピークタイムをまとめるのに相応しいアンセム曲です。曲調はハウスでありながら、ポップ&ロックなノリも入ったような、まさにヨーロッパ的アプローチのクラブミュージックです。 Sold Out Image Keep On Givin 上質なハウスをリリースするレーベル「KULT Records」より、90年代後期にプレスされたセクシーで大人なディープハウス。A1はMilaのツヤのあるヴォーカルを前面に押し出したヴォーカルハウス。リミキサーには95 northが参加し、上質で落ち着いたディープテイストに仕上がっています。A2には当時はやっていたドラムンベースミックスを。そしてBサイドにはジャズテイストを前面に出したインストよりのミックスを収録。キャッチー過ぎず、深くなりすぎず、ハウスというジャンルの良さをしっかりと堪能出来る1枚です。 Sold Out Image Cafe Del Mar volume Cinco スペインのイビザ島にあるサンセットカフェ「Cafe Del Mar」のイメージアルバムとして98年にリリースされたコンピレーションアルバム。この「カフェ・デル・マー」シリーズは毎年の定番としてリリースされ続けており、このアルバムはその5作目(Cinco)に当たります。セレクションはそのカフェのレジデントDJがつとめており、このアルバムは初代にして伝説となったDJ「Jose Padilla」がセレクションを手がけています。アルバムの内容は、ゆったりとした空間的広がりのある曲を中心に、どこかオリエンタルなテイストを混ぜ合わせた、すこし切なく、それでいて優しい、そんな曲が全15曲収録されています。現在でもCafe Del Mar 30周年記念盤が発売されたりと、時代を超えて永く愛され続けているシリーズアルバム「Cafe Del Mar」です。 Sold Out Image By Your Side イギリスが誇るアーティスト「SADE」の、2001年にプレスされたホワイト盤(プロモ)の一枚です。原曲の「By Your Side」はメローでしっとりとしたバラードですが、ハウスミックス盤ではリズミカルでダンサブルな曲にガラッとイメージが変わっています。好みにもよりますが、私個人的には原曲を超えたリミックスだと思います。... というか原曲を聴いて頂けたら分ると思いますが、全くの別曲に仕上がっています。「これぞ、リミックス」と呼べる秀作です。 Sold Out Image Voices in my mind Kenny Dope、そしてLouie Vega率いるMasters At Workの「Voices」名義でのディープな95年の作品です。当時のGarage HouseからDeep系HOUSEファンを虜にした、太いベースの聞いた一枚です。ヴォーカルにはおなじみMAWファミリーのIndiaを起用し、個性のある歌声が、曲に世界観を与えています。A面はディープな展開の2曲、そしてB面はゴスペルっぽいノリで展開してゆく2曲を収録。90年代のHOUSE系クラブを象徴する作品です。 Sold Out Image Your Love Has Captured Me DJで曲をセレクトするとき、一番重要なのはメリハリです。派手な曲を並べすぎても疲れたり、マニアックな曲調を続けても重くなったりと、なかなか飽きさせない選曲を保つのは難しいものです。この曲は、程よくディープ、程よくソフト。これといってインパクトがある訳ではないのですが、音の使い方がオシャレ...と、名脇役的なポジションを担う一枚です。一番聞かせたい曲を引き立たせる為にはこういった地味で格好良いものをうまく挟み込んで、セレクションにメリハリを持たせるのがポイントです♪ A面は生音系ディープハウス、B面はソフト(?)なハードハウスミックスです。 Sold Out Image ON THE BEACH 6:00PM 心地よく心に響く良質なDEEP HOUSEです。タイトルは「On The Beach 6:00 PM」夕暮れに沈んでゆく奇麗なビーチがテーマのラウンジライクな一枚です。生音をメインとした控えめながらオシャレな構成となっており、太いベースの音が心地よいグルーヴ感を演出します。ツヤのある優しい女性ヴォーカルも◎。大人のディープハウスです。 Sold Out Image Heart of Africa サックスとパーカッションがメインのアフロ系ディープハウス。アーティストはフランスの著名DJ&プロデューサー「Martin Solveig」。スカスカっとした薄味のアレンジは、どこかフランス映画とダブるイメージです。ところで、このA面1曲目は「フランス人はダンスが解らない。それはビートを刻む血が流れていないからだ...。」とかいった感じの、フランス人に挑発するかのような、攻撃的な内容の喋りから始まるのにドキッとします。フランスと言えば日本と同じく、ポップミュージックが主流の国。そんな商業ベースの音楽に対する反骨精神が見え隠れする、良くも悪くも若い作品です。こんな赤裸々でストレートな表現が聞けるのも、アンダーグラウンドミュージックの醍醐味でもあります。 Sold Out Image Abstract Afro Lounge II アフリカンな世界観のハウストラックを8曲集めた、トライバルなハウスコンピレーションアルバムです。細かく繊細、時にダイナミックなアフロパーカッション、ピアノやサックスといたジャズライクな生音のメロディーライン。アフロミュージックのN.Y.的なアプローチがオシャレなアルバム。お酒が美味しく飲めそうな、ラウンジテイストの作品です。 Sold Out Image A Tribute To Fela アフロミュージックの創始者、そして黒人解放運動家として絶大なカリスマ性を持つ故Fela Kutiに追悼を捧げた、Masters At Workの1999年のシングル。MAWらしい、N.Y.エッセンを盛り込みながら、アフロなビートを聴かせてくれる作品です。泥臭いアフロJAZZ。そんな言葉がしっくりとくる楽曲です。BPM(曲のテンポ / Beat Per Minute)はMAWらしいハウスそのもので、ノリも◎。トライバル色の強い、パンチの効いた作品です。 Sold Out Image SOUL アンダーグラウンドなデトロイトテクノを代表するDJ「K-Hand」の1997年の作品(アルバム)です。ディープでミニマル、そしてストイック。延々踊っていたくなるような、シンプルでグルーヴ感溢れるトラックが特徴のアーティスト。そんなストイックさの中に、どこか丸みのあるメロディーラインがさり気なく入るバランス感覚が◎です。トラックメーカーとしては珍しい女性アーティスト。テクノ界の女王といった感じでしょうか。どことなく優しい感じが見え隠れするのは、女性ならではのものなのかもしれません。 Sold Out Image Lagos Jump Deep Houseの著名プロデューサーKerri ChandlerとJerome Sydenhamが手がける、ジャジーかつアフロテイスト溢れる生音系ハウスです。太鼓やギターの音がアフリカンな世界観を演出。A面はそのままアフロディープな展開で持って行く感じですが、B面はその泥臭さにアルトサックスが被ってきます。アフリカとN.Y.を足して2で割ったような、なかなかオシャレで不思議なトラックです。強めのスピリッツが似合いそうな、なかなかいい感じの大人のハウスです。 Sold Out Image TRAFFIC 力強いビートに哀愁漂うメロディーが特徴の、ドイツ人ハウスミキサーIAN POOLEYの2002年の作品。ドイツはテクノ色が強いというバックグラウンドがありますが、彼の作る音源は、テクノというよりもファンキー&メロディアス。しっかりと作り込まれたトラックは、聞いていてとても心地よいです。哀愁漂うラッパのような上ものの音が、何かの映画のワンシーンを想わせる感じです。「Traffic」というタイトルがしっくりくる、落ち着いた大人のハウスです。 Sold Out Image I LOVE TO LOVE YOU 良質なハウスをリリースするアンダーグラウンドなレーベル「KULT Records」から1995年に発売されたディープハウスです。フルートやオルガン系の音源を得意とするLENNY FONTANAによるリミックスで、全体として流れるような展開が特徴で、かなり大人なハウスに仕上がっています。夜のN.Y.がよく似合いそうな渋めのトラック。グラス片手にゆったり聴いていたい良質のディープハウスです。 Sold Out Image Dont wanna stop 疾走感のあるリズムが心地よいディープハウストラックです。A面はオーソドックスな展開のループ系ですが、個人的に視聴して頂きたいのはB面のジャズテイスト溢れるバージョンです。オシャレなピアノ、そしてトランペットの絡みと、さり気ない女性ボーカル。オシャレなサロンがよく似合いそうな、ハイセンスな構成が◎です。ダンス、そしてリスニング、どちらでも楽しめる作品です。 Sold Out Image ELECTRO POP コミカルな幽霊が出てくるようなメインメロディーと、ドンパッ、ドンパッというトラックで始まる、何とも不思議なハウス曲「ELECTRO POP」。男性のダンディーな掛け声も入っていて、聴いていると思わず笑ってしまいそうになるのですが、タイミング良く入ってくるジャズテイストのエレピに意表をつかれて、思わず「かっこ良い」と思ってしまう作品です。裏面にはテンポのよいリズミカルなハウストラックも収録されています。DJ向けのプロモ盤としてリリースされた作品だけに、かなりフロアを意識した展開になっています。 Sold Out Image SLOPPY 42nds 浮遊感が漂う上音が心地よいアンビエント調のディープハウス。テクノテクノしている感じの構成ですが、所々にピアノの生音のサンプリングが挿入されている等、何とも言えない絶妙なバランスがクセになるインストトラックです。またレコードはクリアブルー色でプレスされていて、見た目にもとても奇麗な作りになっています。 Sold Out Image Aint No Ransom Without A Hostage ギターとベース、そしてドラムのセッション的な絡みが心地よい緩めのディープハウス。作り込まれていない未完成っぽい何とも言えない感覚がライブ感を感じます。このレコードは世界中で人気のDJ「Frankie Valentine」の1999年の作品で、ラテン的なアプローチが軽快な、ダンス、リスニングとどちらでも楽しめるトラックです。サロンっぽいオシャレな空間が似合いそうな1枚です。 Sold Out Image This Time - Remix スイートで異国情緒の漂う、ラテンもの極上ヴォーカルハウスです。心地よくパーカッションが奏でるリズムに、ラテンなアコースティックギターのメロディー、そして聴く人を包み込むように優しく流れるヴォーカル。目を閉じるとそこに静かな南国の楽園が広がってきそうな、そんな素敵な印象の作品です。優しく流れてゆくトラックからラテンパーカッション~ヴォーカルのブレイクといった展開も◎。ボッサなどのジャンルが好きな方に特にお勧めです。 Sold Out Image BAGHDAD CAFE - Callin U アメリカのラスヴェガス近郊の砂漠の寂れたカフェを舞台にしたあの有名なドイツ映画「BAGHDAD CAFE」の主題歌「Calling You」をディープハウスにアレンジした、とっても哀愁漂う傑作。原曲の何とも言えない独特の世界観を残しつつ、優しいパーカッションとエレクトリックピアノ、そしてシンセなどの現代的な楽器でリズミカル&ポップにアレンジされた心に残る作品です。優しく歌う歌声と、流れるような空気感のある音色をお楽しみください。 Sold Out Image DEEPER トランペットとギター、ベース、エレクトリックピアノ、そして囁くような女性ヴォーカルが心地よいサウンドを作り出している、踊っても座って聴いても楽しいN.Y.ハウス。とても軽快で明るい展開と、程よいリズムループが特徴で、サロンやフロアはもちろん、ショップやカフェなどのバックミュージックとしても似合いそうなオシャレな曲です。ハウスらしハウスです。 Sold Out Image I SAY A LITTLE PRAYER 1967年にディオンヌ・ワーウィックが大ヒットさせた名曲「I SAY A LITTLE PRAYER」。そのポピュラーソングを東京を拠点とする日本人アーティストLAVAがリメイクしたのがこの1枚。ボッサ~ラテンジャズ要素を含みながら、オシャレに展開してゆく感じに古さは感じられず、とても聴きやすくまとめられています。LAVA氏は現在、東京・丸の内の「P.C.M PUB CARDINAL MARUNOUCHI」にて月2回ラウンジパーティー(Free Charge)を開いているので、もしもこの曲にピンと来た方は足を運んでみてはいかがでしょう♪ Sold Out Image Mes Vacances a Rio ラテンフレーバーたっぷりのリズムと上音が心地よい、王道ディープハウスな1枚です。全3バージョンで構成されるこのレコードのAサイドに収録されているのは、ディープハウスのベテラントラックメーカー/DJのFrancois K氏のミックス。かなり長ーい前置きで引っ張った後に、女性ヴォーカルが展開されてゆく、タメの効いた構成が◎です。またBサイドにはDeepハウスらしいミックスと、ラテンの日差しがよく似合いそうなオリジナルバージョンを収録しています。 Sold Out Image Sounds From Another Room 90年代末のエレクトロサウンドブームに乗った、ディープ~テクノなHOUSEトラックアルバム。音と音の合間に作り出される独特の跳ねるような感覚が聴いていて心地よい作品です。キャッチではないけれども何だかずっと聴いていたいような、そんな気持ちにさせるアルバムです。 Sold Out Image COME INTO MY ROOM  これぞNYアンダーグラウンドハウスといった、クールで落ち着いた楽曲です。黒人らしい力強い男性の歌声と、スカスカでオシャレなトラックが絡み合う作品。あまり全体を通して強弱が無いので、起承転結といったポップっぽい分かりやすさは皆無ですが、何かしている時のバックグラウンドで掛かっていると、段々と良さが伝わってくる...そんな作品です。 昔(98年だったと思います)NYに行った時に、クラブ巡りをしていてこの曲のプレスリリースパーティーに出くわし、生でこの曲を耳にして、思わず次の日にNYのレコード屋さんでこれを買い求めた、という思い出があったりする曲です。 Sold Out Image PIENSO EN TI - I Think Of You NYハウスを代表するユニット「MAW - Masters at Work」のNu Yorican名義での楽曲。アルゼンチンのジャズ系ギタリスト、ルイス・サリーナスを起用したこの曲は、ラウンジなどがよく似合うオシャレで哀愁のあるJAZZそのもの。どこまでも大人な世界観が聴く人を心地よい空間に連れて行ってくれます。 Sold Out Image 90s Disco Movement 90年代のダンスフロアを牽引してきた、HOUSEアーティスト達のコンピレーションアルバム。BrazeやMood II Swing、Masters at Workといったその世界で著名なプロデューサー達が関わったボリュームのある1枚です。ソウルやファンク、そしてジャズ等の流れを受け継いだアンダーグランド色、New York House色の強いセレクションです。 Sold Out Image Caravelle ダンス、ジャズ、ブレイクビートなど様々なジャンルのエッセンスを融合させ、90年代後半にシーンの中心に躍り出たユニット「JAZZANOVA」。その彼らの代表作でもあり出世作でもあるのがこのLP。エレクトロなボッサビートが疾走感を演出、どこか緊張感のある展開が聴く人を魅了します。 Sold Out Image Limbo Experience ボッサなリズムに乗せて、美しい楽器の音色が重なってゆく、とってもオシャレなラテンハウス。ジャズ、ボサノバといったエッセンスをギュッと詰め込みながら、下のビートがダンスしている、そんな絶妙なバランスの作品です。オリジナルヴァージョンに加え、RollerconeとTom y Joyceによるリミックスを収録。 Sold Out Image Hyper Ballad ビョークの代表作品として有名なこの「Hyper Ballad」。印象的なメロディーラインがポップです。対照的にこの曲の歌詞はかなりドゥープな内容です。崖の上から色んなものを投げ捨てる~みたいな感じで始まるこの曲ですが、最終的にはかなり狂気的で衝撃的な内容で締めくくられてゆきます(衝撃的すぎるので詳しい内容は割愛します)。90年代独特の世紀末感を象徴するような、ビョークらしい作品です。 Sold Out Image THREE’S A CROWD 軽快なパーカッションに、ジャズ色の強い生音が絡むオシャレなアーバントラック。JAZZY HOUSEを中心に展開するCHILLI FUNK RECORDならではの独特の世界観が心地よい作品。リズムも優しい感じに展開されており、ダンスフロアというよりはサロンライクな雰囲気に仕上がっています。 Sold Out Image Through The Skies 王道のディープハウスを中心とした12inchアルバム(LP2枚組)。HOUSEシーンを代表するコンポーザー、プロデューサーの豪華メンツが揃った作品です。グルーヴ感溢れるトラックもので、聞き込むほどに味わい深くなってゆく、奥行きのあるセレクションです。 Sold Out Image A STORY OF DEEPNESS ジャジーでディープながら、ディスコテイストな軽快感も感じさせるシカゴのHOUSEアーティスト「GLENN UNDERGROUND」のアルバム「A STORY OF DEEPNESS」。インストもののディープなものから、軽快感のあるポップな歌ものまで押さえた欲張りな作品です。アメリカのアンダーグラウンドな雰囲気たっぷりのアルバムです。 Sold Out
 
 
ハワイ産ライオンコーヒー・プレゼントキャンペーン
Image 安心してお買い物 シンプルサイズでは、お客様にご安心頂いてお買い物して頂けるようお店作りに努めています。是非、ご近所の雑貨屋さんに来たような、リラックスした環境でご注文をお楽しみ下さい。 Image フリーラッピング 商品を税別合計¥3000以上お買い上げ頂くと、簡易リボンとメッセージカードの付いたラッピング(通常価格:税別¥80)が無料になります♪ Image 北欧の白樺バスケット 北欧の国・フィンランドで作られ、世界中で高い評価を得ているデザイン性の高いインテリアバスケットをシンプルサイズが独自に直輸入しました。フィンランド国内の白樺で作られ、ネジや釘などは一切使わずに成形、組立できるナチュラル感たっぷりのオシャレなバスケットです。 Image マーチソンヒューム ネオンのように派手なカラーボトルと量産品のプラスチックバケツに悩まされる日常から、清々しいクオリティライフへ。世界で注目のハウスクリーニングプロダクト「Murchison-Hume」。 Image nanacoギフト使えます シンプルサイズでは、全国のセブンイレブン、イトーヨーカドー等の店頭でお買い求めいただける電子マネー「nanacoギフト」でのお支払いが可能です! Image レトロなローボード レトロなデザインとアンティーク風の木目に癒やされる、ヴィンテージスタイルのインテリア収納のローボードです。持ち手には、素朴な雰囲気の木目によく似合う黒金具を採用。収納スペースの扉はガラス張りなので、外から中身がすぐに確認できて便利です。天板はフラットでシンプルなフォルムなので、上に観葉植物やフォトフレームなど、自分のアトリエスペースとしても活用できます。 ¥28,800 Sale Image アジアンソファチェア BEACS ラタンを精巧に組み合わせ作られた、アジアン~ポリネシアンテイストたっぷりのおしゃれで個性的なデザインソファです。ソファといっても普通のソファのように重厚感はなく、むしろチェアのような存在感のソファチェアスタイルです。柔軟にしならせることのできるラタン素材ならではの有機的なラインが、お部屋のインテリアにレトロ感とリラックス感をプラスします。クッションはボンデッドレザーを採用し、革素材ならではの鈍いツヤが出て◎。個性的で非日常な空間をお部屋に再現してくれる、素敵なアジアンデザインソファチェアです。 ¥45,500 Sale Image 無垢材とスチールのサイドテーブル 無垢材と、工事現場で見かけるような太いスチールワイヤーを組み合わせた、ワイルドな雰囲気たっぷりのサイドテーブルです。天然木とワイヤーという個性的な素材感のコントラストが魅力的です。ワイヤー脚の底面は、床を傷つけないように樹脂製のパッドが付いています。サイドテーブルにしたり、デコレーションテーブルにしたりと、使い方は様々です。インテリアの一つのマテリアルとして、あなたのアイデアでお使い下さい。 ¥21,000 Sale Image レトロな収納キャビネット 観音扉式のガラス張りの開閉扉。レトロな持ち手が付いた引き出し。どこか懐かしい雰囲気に癒やされる、ヴィンテージテイストの収納チェストが登場です。四角いシンプルなボックスフォルムなので使い勝手は◎。向かって左手に引き出しを4杯、右手には扉付きの棚三段が備わった収納キャビネットです。天然木素材で、仕上げにはラッカー塗装が施されているので、触った時の木の質感も◎。レトロで懐かしいアクセントをインテリアにプラスしてくれる、素敵な収納キャビネットです。 ¥40,000 Sale
COPYRIGHT © インテリア雑貨と家具の通販・シンプルサイズ ALL RIGHTS RESERVED
PAGE TOP サブカテゴリ HOME